音楽制作 

音楽制作では、全体においてプロデューサーが企画に合わせ、作曲・編曲・レコーディングを行います。特にハイクォリティな音楽制作を得意としており、ミキシング・マスタリングにおいての立ち合いも可能です。音楽プロデュース・制作において、ダイナミックなシステムを構築することで、高品質な楽曲を実現しています。

音楽制作
ご契約・録音・発売までの大まかな流れをご説明します。

1、ご契約
録音内容と演奏家の日程確保とスタジオの空き状況の確認をします。レコーディング費用(ミックスダウン・マスタリング含む)及びジャケットデザイン料の確認とオプションの有無の確認となり、承諾頂けた時点で契約書の締結をさせて頂きます。

2、録音
演奏家の日程の確保と編曲の内容確認をします。リハーサル日程の調整の上、通常レコーディングには2日以上の余裕を持って設定させて頂きます。録音完了後は、ミックスダウン日程とマスタリング日程の調整となります。

3、アルバム発売
発売日程の調整となります。通常、録音日から2ヶ月以上後に設定させて頂いております。発売日が決定しましたら、各媒体への連絡事項とライナーノーツが必要な場合、ライターさんへの仮音源の提出が必要となります。デザイン入稿の締め切り等をデザイナーと相談の上決定します。


■制作業務
ホールレコーディングから、スタジオレコーディング、また単一楽器でのオーバーダビングまで、様々なフィールドに対応し、アコースティック楽器を如何に美しく収録するかを主たるコンセプトを置いています。最上質なレコーディングに臨んでいます。最も難しいと言われるピアノレコーディングを得意とし、その拘りと音色への情熱と技術を存分に注ぎ込み、音楽家のご要望にお応えしています。


●レコーディング
・録音エンジニア込み(ご自身で連れて来られる事も可能(有料)
・録音パート数は無制限です。
・10時間ロックアウト/12:00-22:00(内1時間休憩)

●ミックスダウン
・録音楽曲の音色やバランスの調整を行います。
・外部スタジオにて録音済みの音源でも対応可能です

●マスタリング
・最終的な音圧レベルや質感補正・収録曲順の決定を行います。
・外部スタジオにて録音済みの音源でも対応可能です。
・CDメディアほかデータでの納品も可能です。

 

■レコーディングスタジオ
上記作業は全て弊社提携レコーディングスタジオ、もしくは音楽ホールにて行います。
 
      POWER HOUSE STUDIOはこちら>>>  
   

                お見積もりご希望のお客様はこちら>>